中日新聞に「ファーストキャビンTKP名古屋駅」について記事が掲載されました。

2017-08-31 一つ上のカプセル あす名駅に
 東京や名古屋で貸し会議室などを運営するティーケーピー(東京)は、名古屋・名駅西口でカプセルホテル「ファーストキャビンTKP名古屋駅」を九月一日に開業する。三十日に施設が公開された。
 河合塾の校舎を再利用した約二千平方メートルのビルに百九十九人分の宿泊ブースを設置。窓などがない簡易宿泊施設となる。最も広い「ファーストクラス」(四・四平方メートル、一泊六千五百円前後)「ビジネスクラス」(二・五平方メートル、同五千五百円前後)に加え、二段式の「プレミアムエコノミークラス」(二・五平方メートル、同四千五百円前後)を新たに備えた。
 ティーケーピーは企業の研修や採用試験などで利用が多く、名駅地区で九拠点、八十八室を運営。河野貴輝社長は「東海三県から集客が期待できる立地は強み。宿泊施設を用意すれば会議室を二日分利用してもらえる」と話している。