九州経済・ひと=鹿児島進出で拠点網拡充 ティーケーピー(東京) 河野 貴輝社長

2016-07-01 西日本新聞にTKPの記事が掲載されました。
 国内外に約1,620室を展開する貸し会議室業大手。7月8日、鹿児島県で初の施設となる「TKPガーデンシティ鹿児島中央」を鹿児島市のJR鹿児島中央駅近くのビルに開く。「東海道、山陽、九州の各新幹線の主要駅を網羅する拠点網ができることになる」と笑顔を見せる。

 大分市出身。九州は重点エリアだ。特に福岡県内はJR博多駅周辺を中心に16施設、114室を構える。利用者への食事の配達や、会議室を使った宴会の開催にも力を入れている。「会議や研修を終えた後の需要をつかんでいく」と話す。今後、重視するのはホテル事業だ。現在、東京や大阪にビジネスホテル6施設を展開。博多駅周辺への進出も計画している。「年内には発表できるように進めたい」