TKP、家具販売へ進出、ホテルや宴会場向け。

2016-05-25 日経MJに当社の家具販売事業進出の記事が掲載されました。
 貸会議室大手のティーケーピー(TKP、東京・新宿)は家具販売事業に進出する。このほど、家具製造・販売を手掛ける海外企業と日本での独占販売契約を締結した。TKPの会議室や宴会場を、家具を紹介するモデルルームとして活用。オフィスで使うテーブルや椅子といった家具を貸会議室の顧客企業などに販売していく。

 マレーシアの家具メーカー、ディーンセイと日本国内での独占販売契約を結んだ。同社の家具はマレーシアの高級ホテルで導入しているほか日本やドイツ、南米などでも販売。ホテルや宴会場で使う家具に特化し、耐久性に優れているという。

 TKPも2013年から日本や海外で運営する会議室や宴会場でディーンセイの家具を採用。顧客企業から家具の評判が高かったことから、販売事業に乗り出す。

 TKPは家具販売を初年度3千万円、3年間で10億円規模を目指す。同社は国内外で1,600室、11万席以上の宴会場や会議室を展開する。