広島の会議室貸します ティーケーピー 計3ヵ所に施設拡充へ

2015-11-03 中国新聞に広島エリアへの貸会議室オープンについて掲載されました。
 貸し会議室を全国で展開するティーケーピー(東京)は、広島市での事業を強化する。今月と来月に1カ所ずつ施設をオープンし、市内は計3カ所に拡充する。景気が上向く中、企業イベントや採用活動の会場などとしての需要を見込む。

 今月1日、中区小町のビルの1フロアを借り、18~153人収容の5室を備える施設を設けた。来月1日には、南区のJR広島駅前のビルに施設をオープン。6フロアに18~204人を収容できる13室を備え、利便性などをアピールする。

 同社は2012年、中区中町のビルに貸し会議室を設置。ことし7月には、同じビル内に広島支店を新設した。市内には企業の支店や支社が集中し、研修や企業イベントが多いとみる。新卒採用の増加で会場としての利用も見込めるほか、自社で会議スペースを持たず、必要なときに借りる傾向も高まっている。ホテルの宴会場よりも割安な料金で使える点もPRする。

 同社は約1,500室の貸し会議室やホールを運営し、中国地方では広島市をはじめ、防府市や岡山市にも進出している。

「広島市内では3施設の利用状況を見ながら、新たな出店も検討したい」としている。