TKP 梅田至近エリアにホテル計画

2015-10-09 建通新聞に大阪でのビジネスホテル開発についての記事が掲載されました。
 貸会議室事業などを展開するティーケーピー(東京都新宿区市谷八幡町8)は、ホテル開発プロジェクトの一環で、西日本初進出となる大阪市福島区でのホテル計画を発表した。同社の貸会議室施設のTKPガーデンシティ大阪梅田に隣接する用地をゲートタワービル(大阪市福島区)から借り受けることになるが、TKPが建物を建設するか他社が建設した建物に出店するかは未定。施工者も未定としている。着工は2016年1月の予定だ。

 規模は鉄骨造7階建て延べ1320平方㍍。客室数は79室の予定。建設地は大阪市福島区福島5の43の7(住居表示=5の4)の面積327・96平方㍍。JR福島駅に徒歩約2分で梅田エリアの各駅も徒歩圏だ。16年11月の完成、同年12月の開業を目指す。

 同社は、運営中のTKPガーデンシティ大阪梅田と合わせ、利便性の高い立地で会議や研修、宿泊が効率的に利用できることから、ビジネス客やインバウンドの需要など幅広いニーズを取り込む。

 今後も主要都市や未出店地域で、利便性の高い機能的なオフィスビルやランドマークとなるビル、ホテルへの出店を積極的に進めることで、国内ネットワークを拡充する。