貸会議室のTKP、ビジネスホテル全国展開、仙台・大阪など。

2015-10-05 日本経済新聞に当社のビジネスホテル展開についての記事が掲載されました。
 貸会議室大手のティーケーピー(TKP、東京・新宿、河野貴輝社長)は、ビジネスホテルを多店舗展開する。昨年開いた札幌市内や建設中の東京都内に続き、仙台市や大阪市のターミナル駅でも開業する。都市部のホテルは訪日客らの増加で稼働率が高止まりしている。会議室を使うビジネス客の需要を取り込みながら事業を拡大する。

 仙台市ではJR仙台駅東口近くに約1,300平方メートルの用地を取得した。客室数300前後の大型ホテルを建設する計画。2017年夏の開業をめざしており、投資額は50億円前後とみられる。

 TKPは仙台エリアで5カ所の貸会議室を運営しており、10月中旬にも新たな拠点を開く。ホテルを整備することで会議や研修、宿泊といった企業の需要をまとめて取り込む。

 大阪ではJR大阪駅周辺に客室数約80のホテルを建設する。16年末の開業をめざす。今後は名古屋や博多といった既存の拠点が多い都市でもホテル事業の拡大を検討する。

 TKPは昨年、札幌市内に「TKPガーデンシティ アパホテル札幌」の名称でビジネスホテルの1号店を開業した。都内でJR日暮里駅近くに建設中のホテルは17年初めに開く予定だ。