「自分の感性を信じて」 河野さんがビジネス本

2014-09-06 大分合同新聞に弊社代表の書籍について掲載されました。
 【東京支社】大分市出身の実業家河野貴輝さん(41)=東京在住=の反省を紹介したビジネス本「スーパーベンチャーの創り方~TKP創業者河野貴輝の起業論~」は、オータパブリケイションズから出版された。

 河野さんは大分雄城台高校、慶応大学商学部卒業後、総合商社を経てイーバンク銀行(現楽天銀行)の取締役営業本部長などを歴任。2005年に「TKP」を創業して貸会議室事業や宴会場経営を全国展開し、起業8年で売上高100億円を達成、ベンチャー企業の"風雲児"として脚光を浴びている。

 本は四六版344ページ。星野佳路・星野リゾート社長との巻頭対談や海外進出のエピソード、TKP創業の由来のほか、生まれ育った大分市での思い出や友人話、、今後の目標などを計8章で構成。ホテルジャーナリストでもある同出版者の村上実専務取締役経営調査室長が取材、執筆した。

 河野さんは「今までがむしゃらに突っ走ってきた自分の半生が(書籍化されたことで)整理され、次のステップを冷静に考えるきっかけになった。一人でも多くの県民に読んでいただき、自分の感性を信じて努力すれば報われる―ということが伝わればうれしい」と話している。

 税別1,500円。問い合わせはオータパブリケイションズ(TEL03-5251-9800)へ。