札幌のホテル、ビジネス拠点に――TKP、再オープン。

2006-08-02 日本経済新聞に当社記事が掲載されました。
 首都圏で貸し会議室を運営するティーケーピー(TKP、東京・港)は二日、昨年閉館した札幌市内のシティーホテル「ルーシス札幌」を再オープンする。低価格の客室と貸し会議室を合わせた「ビジネスセンター」として売り込み、一般客や法人客の需要を開拓する。年間に約五億円の売り上げを見込み、初年度で黒字化させる。

 「ルーシス札幌」はNTTグループが所有していたが、昨年に閉館した。現在はマンション開発のモリモト(東京・渋谷)が建物を所有する。TKPはモリモトから建物を借り受け、ホテルを自社運営する。

 洋室・和室合わせて七十一の宿泊室のほか、結婚式場やレストランを備える。ベッドやテーブルなどの備品をそのまま利用して初期投資を極力抑え、料金を相場の最安値圏に設定。料金はシングルで一万円、ツインで一人九千五百円となる。