都内で貸し会議室拡大、ティーケーピー、品川など新3拠点。

2007-11-27 日経産業新聞に当社記事が掲載されました。
 貸し会議室紹介のティーケーピー(東京・中央、河野貴輝社長)は、十一月から東京都内で貸し会議室を拡大した。千代田区や品川区など三カ所に新規に拠点を設けたほか、JR東京駅八重洲口付近で大規模貸し会議室を移転・拡張した。会議や研修、採用説明会などの需要を見込む。

 会議室を設けたのはJR五反田駅前(同・品川)、同神田駅前(同・千代田)、東京メトロ根津駅前(同・台東)。最も規模が大きい五反田駅前は会議室が四室で、定員二十―二十四人(三十五平方メートル―四十三平方メートル)。一時間当たりの料金は二千九百四十―四千八百三十円に設定した。

 JR東京駅八重洲口では「TKP東京駅八重洲ビジネスセンター」(東京・中央)を移設した。十月末まで付近の別のビルで同名の拠点を持っていたが、ビルの契約切れに伴って移転した。従来は十二室だった会議室を倍増し、総席数も千五百八十五席とした。

 現在十室が営業中で、残り十四室が十二月六日から営業する。三十人収容の部屋(五十七平方メートル)の通常料金は一時間当たり一万五百円。