ティーケーピーが中央区に札幌ビジネスセンターを設置

2008-07-15 北海道新聞に当社記事が掲載されました。
 インターネットを通じた企業向け貸会議室予約ビジネスを全国の主要都市で展開するティーケーピー(本社・東京都中央区、河野貴輝社長)が、このほど中央区に、TKP札幌ビジネスセンターをオープンさせた。貸会議室も本館の中央区北3西3、札幌富士ビルに、116人収容のカンファレンスルームをはじめ、3フロアで4室454人の会議室を用意。また別館annexの北1西3、札幌井門ビルでは180人収容のホールと75人収容の会議室を設けた。

 三島大介札幌ビジネスセンター長は「先月オープンしたばかりで、現在は口コミを中心に利用者が増え、メーカーの販売店向けの商品説明会や企業の労働組合の総会など、さまざまな使い方をされています」と話し、今後も新しい貸会議室を増やしていく意向だ。

 ティーケーピーは、直営と委託も含めて全国で350室近い貸会議室を運営するほか、3700部屋の貸オフィス、PFI事業における施設会議室運営、不動産流動化事業などのファシリティマネジメント(FM)サービスを手掛け、ITを活用したCRE(企業不動産)戦略をサポートする新たなビジネスモデルを展開している。

 貸会議室や貸オフィスでは市街中心部で公共交通機関の駅に近く、料金も手ごろなのが特長。また地方都市ではホテルなどを活用し宿泊施設も伴う貸会議室も運営。札幌でも、以前、旧ルーシス札幌を利用したビジネスを行っていた。

 貸会議室のシステムは、インターネットのポータルサイト「TKP貸会議室ネット」(http://www.kashikaigishitsu.net/)で予約を行う。このほか、企業の社員研修などを総合的にサポートする「TKP研修ネット」(http://www.tkpkenshu.net/)」や「TKP貸オフィスネット(http://www.kashioffice.net/)」などを運営している。

 札幌ビジネスセンターの問い合わせは電話(252)3165へ。