ティーケーピー、大阪に大型拠点、貸し会議室、部屋数3倍。

2008-08-20 日本経済新聞に当社記事が掲載されました。
 貸し会議室大手のティーケーピー(東京・中央)は、関西に本格進出する。大阪市内に大規模会議室を八月中に二カ所でオープンする。専用貸し会議室は大阪周辺には少なく、同社は潜在需要は大きいと判断した。

 九室・六百七十五席を備えた「本町ビジネスセンター」(中央区)と七室・四百九十席の「淀屋橋ビジネスセンター」(北区)の二拠点を設置する。同社が運営する大阪市内の貸し会議室は室数ベースで現在の約三倍に増える。料金は一室で一時間当たり五千二百五十円から三万一千五百円に設定する。

 ティーケーピーは地方中核都市での展開を進めており、福岡市や札幌市などで拠点数を増やしている。貸し会議室ビジネスは企業の経費削減を背景に東京で先行して拡大。同社も都心部を中心に展開してきたが、今後は東京以外の都市で貸し会議室を増やす方針だ。