ホテル・宴会場の受託拡大、貸会議室のTKP、年末までに10施設。

2012-01-11 日経MJに当社記事が掲載されました。
 貸会議室大手のティーケーピー(TKP、東京・中央、河野貴輝社長)は、ホテルやホテル内の宴会場の運営受託数を、2012年12月末までに10施設と現状の3倍強に増やす。全国で約700の貸会議室を運営するノウハウや企業への営業網生かして集客し、新たな収益の柱に育てる。

 10日には、ホテルサンライン福岡博多駅前店(福岡市)内の宴会場を賃貸し、「TKPガーデンシティ博多アネックス」として開業する。約40~200平方メートルの会場を6つ備える。「TKPガーデンシティ」ブランドでのホテル宴会場の運営受託としては第4弾。

 同ブランドでは昨年4月にJR品川駅前の旧ホテルパシフィック(東京・港)の宴会場を運営し始めたのに続き、10月から京都市の京都タワーホテル内の宴会場も運営。品川には厨房施設も備え、都内で運営する会議室にも料理を提供する。

 同社は05年設立。「TKPカンファレンスセンター」「TKPビジネスセンター」など、室料や設備が異なる4ブランドで、企業セミナーや研修会場などとして、延べ7万社以上へ貸会議室を提供してきた。

 今後、宴会場やホテルも提供することで施設の選択肢を増やし、新たな需要を掘り起こす。貸し会議室の利用実績がある企業に営業活動を展開し、予算や用途に応じて施設を紹介。稼働率の向上を狙う。