大宮に貸会議室施設、TKP、来月に県内初。

2012-08-16 日本経済新聞に当社記事が掲載されました。
 貸会議室大手のティーケーピー(TKP、東京・中央、河野貴輝社長)は9月、さいたま市内に会議室施設を開業する。埼玉県内で初めての拠点で、会議や研修など向けの部屋を8室用意する。東京都内を中心に全国で施設を拡充しており、県内への進出で新たな顧客層を開拓する。

 JR大宮駅の東口から徒歩4分ほどのビル内に「TKP大宮ビジネスセンター」を開設する。定員6人で床面積14平方メートルの「ミーティングルーム」から、定員102人で145平方メートルの「ホール」まで、3フロアに計8室を設けた。会議や研修のほか、懇親会など幅広い用途での需要を見込む。

 料金は1時間当たり3150円からで、プロジェクターやスクリーンなどの備品も貸し出す。懇親会など向けに、料理を提供したり弁当を用意したりするサービスも提供する。新拠点の開設に合わせ、10月末までは会議室の利用料金を30%割り引く。

 TKPは全国で約800室の貸会議室を運営している。施設の拡充とともに、会議や研修に関連する宿泊や交通の手配などさまざまなサービスを用意して、企業の需要を取り込む戦略だ。