東京駅周辺の貸会議室、収容人数7割増、TKP、新拠点や増床で。

2015-01-23 日経産業新聞に当社の記事が掲載されました。
 貸会議室大手のティーケーピー(TKP、東京・新宿、河野貴輝社長)はJR東京駅周辺の貸会議室を増やす。26日に「日本橋カンファレンスセンター」を開業。その後、既存の拠点も増床する。東京駅周辺エリアの拠点で収容できる合計人数を7割ほど増やす。アクセスの良さを打ち出しやすい東京駅を重点地域と位置づけ、企業の需要を取り込む。

新設の日本橋カンファレンスセンターは3月に会議室を増設し、44室を貸し出せるようにする。既存の「八重洲カンファレンスセンター」は2フロアを増床し、2600人を収容できる規模にリニューアルする。一連の強化策によって東京駅周辺の7拠点で9600人を収容できる体制を整える。

TKPは昨秋、全国の会議室や宴会場で収容できる人数が10万人を突破した。今後は国際会議などの需要も積極的に取り込んでいく。