貸会議室、関西で増設、TKP、国際会議増え対応。

2015-01-07 日経MJに当社の記事が掲載されました。
 貸会議室大手のティーケーピー(TKP、東京・新宿)は貸会議室を拡充する。大阪では新しい貸会議室を開設、京都では既存の貸会議室を増設する。外国人による宴会や国際会議が増えていることに対応する。大阪と京都は東京に次ぐ国際会議の開催地で、増加する需要を取り込む。

 8日に「梅田セントラルビル」(大阪市)の3~8階に「TKPガーデンシティ東梅田」を開業する。12~159人が利用できる29の貸会議室やホールを持つ。地下鉄東梅田駅(同)に直結する好立地で、企業の会議や懇親会などの需要を見込んでいる。

 京都では、京都タワーホテル(京都市)内で運営している貸会議室を増設する。これまで7階のみを使って6室を運営していたが、2階フロアに6室を増設して全12室にした。最大559人が利用できるようにした。同ホテルは京都駅前にあり、企業研修旅行やビジネス団体客を取り込みたい考えだ。

 国際会議の業界団体であるICCAによれば、2013年の国際会議の開催件数は京都が43件、大阪は20件だった。国内では東京の79件がもっとも多く、京都と大阪はそれに続く。