貸会議室のTKP、旅館に参入、来年1月、静岡に第1弾。

2014-11-06 日経産業新聞に「石のや」について掲載されました。
 貸会議室のティーケーピー(TKP、東京・新宿、河野貴輝社長)は旅館事業に参入する。第1弾として静岡県伊豆の国市の旅館を再生し、宿泊施設として提供する。主力の貸会議室事業の顧客層を取り込んでいく。企業の幹部研修などでの利用を見込むほか、インセンティブツアー(報奨旅行)などの海外からの需要も掘り起こす。

 来年1月に「TKP伊豆長岡 石のや」をオープンすると発表した。温泉旅館「石亭」を2億円かけて再生させる。19棟の離れの客室や会議室を備え、企業の研修などの目的でも使える。TKPは第1種旅行業の免許も取得しており「アジア企業の報奨旅行などの受け皿として活用する」(河野社長)目的もある。個人向けにもサービスを提供する。宿泊料金などの詳細は今後詰める。

 TKPは貸会議室と親和性のある事業を育て、新たな収益の柱とすることを目指す。