研修旅行にも着目*河野貴輝社長

2014-08-05 北海道新聞に「TKPアパホテル〈TKP札幌駅前〉」の記事が掲載されました。
 「貸し会議室を多数併設したホテルを6日、札幌に開業する。ビジネスと観光の両方の需要を取り込みたい」と話すのは、貸し会議室国内最大手で、今夏からビジネスホテル事業に参入するティーケーピー(東京、TKP)の河野貴輝社長(41)。直営第1号店となる札幌のビジネスホテル開業を前に、来道した。

 新施設はJR札幌駅に近い中央区北2西2に位置し、2~5階が総収容人数約2千人、全26室の貸会議室「TKPガーデンシティ札幌駅前」、6~10階が203室の客室を備えた「TKPアパホテルTKP札幌駅前」。

 ホテル運営は大手のアパホテル(東京)とフランチャイズ契約し、集客ノウハウを活用する。今後3年間で国内約10施設の展開を目指す。訪日外国人観光客のさらなる増加も見据え、「観光資源が豊富な北海道は大きな受け皿となる。企業の研修旅行需要も取り込んでいきたい」と力を込めた。