貸会議室のTKP、博多駅前で供給拡大、月内2ヵ所開業。

2012-11-07 日本経済新聞に当社記事が掲載されました。
 貸会議室大手のティーケーピー(TKP、東京・中央、河野貴輝社長)は11月中にJR博多駅前地区に貸会議室を2ヵ所開業する。同駅前の拠点は8カ所になる。企業はコストのかかる自社会議室を持たない傾向が強まっていることから、今後も福岡市を中心に供給を増やす考え。2013年2月期の九州での売上高は前期比75%増の7億円前後を目指す。

 新たに「はかた近代ビル」と「日本生命博多駅前ビル」のそれぞれ1フロアを賃借し、3時間以上の時間単位で貸し出す。はかた近代ビル(6室)は15日、日本生命博多駅前ビル(11室)は25日に開業する。いずれも、企業のセミナーや研修などの利用を見込む。

 同社の主要駅前地区の貸会議室は東京で5カ所、大阪で6カ所、名古屋で4カ所。今回、計8カ所となる博多駅前地区は全国最大の供給地となる。福岡市は他の主要都市に比べ賃借料が安いとされ、今後も事業を拡大する方針。