ホテル送客で契約、ブエナビスタ、TKPと。

2012-05-03 日本経済新聞に当社記事が掲載されました。
貸会議室運営のティーケーピー(TKP、東京・中央、河野貴輝社長)はホテルブエナビスタ(松本市)を運営する東洋観光事業(茅野市)と宴会場への送客契約を結んだ。宴会場を利用する企業をホテル側に仲介し、手数料を受け取る。

 対象はブエナビスタの7つの会議室・宴会場で、1日から仲介を始めた。TKPは企業向けに約800室の貸会議室を運営、企業向けに提供しているが、これまで長野県内に拠点がなかった。

 会場の利用料はブエナビスタに直接申し込む場合と変わらない。ホテルブエナビスタでは3人の宴会セールス担当を置いており、旅行会社を通じた申し込みもある。同ホテルは「第3の誘客手段としてTKPと組むことにした」と話している。