貸会議室大手TKP、仙台に2ホール開設/貸会議室大手のティーケーピー

2011-11-01 河北新報に当社記事が掲載されました。
貸会議室大手TKP、仙台に2ホール開設

 貸会議室大手のティーケーピー(TKP、東京)は4日、JR仙台駅近くのアエル21階に約300人まで収容可能な二つのホールを備えた「TKPガーデンシティ仙台」をオープンする。東日本大震災後に企業の就職説明会や学会などが相次ぎ、仙台の会議室需要が増えているのに対応する。

 空いていたオフィス用の1フロアを全て使う。ともに約400平方メートルで定員300人のホール二つと、61平方メートルで定員36人の会議室二つを備える。ホールは1室を二つに区切り定員150人で利用することもできる。 1時間当たりの料金はホールが4万2000円(150人定員で使う場合は2万4000円)、会議室が6500円。オープンキャンペーンとして12月いっぱいをめどに20%引きとするほか、東北の企業が利用する場合は当面の間、復興支援として30%割り引く。

 TKPの施設としてはことし8月1日開設の「仙台西口ビジネスセンター」に続いて市内5カ所目。震災以降の会議室需要が高く、TKPの市内施設の稼働率も8~9割で推移し、全国平均の7割程度を上回る状況が続いていることから新設が必要と判断した。

 TKPは今回の施設について「大学の入試会場としての利用も見込める」と説明。今後に関しては「仙台のほか、まだ施設のない東北の他地域での開設も検討する」としている。