仙台最大の貸会議室、300人収容可能、ティーケーピー、駅近くに。

2011-11-01 日本経済新聞に当社記事が掲載されました。
貸会議室大手のティーケーピー(東京・中央、河野貴輝社長)はJR仙台駅近くの複合ビル「アエル」で大型貸会議室の運営を始める。収容人数は300人と仙台市内では最大級。入試や展示会、講演会などの開催場所として企業や大学などの需要を取り込む。

名称は「TKPガーデンシティ仙台」。定員300人の大型ホール2つと、30人程度が入れる会議室2つを備える。11月半ば以降、学会やメーカーの展示会を開催予定という。

東日本大震災の発生以降、仙台市内では企業や官公庁による講演会などが増えている。ただ「イベントが開催できるホテルの宴会場などは不足気味」(同社仙台支店の及川弘志支店長)で、需要が見込めると判断した。

同社は仙台市への出店を強化しており、昨年8月の初出店以降、今回が3カ所目。既設店では稼働率が9割を超えることが多く、全国平均の7割を上回っているという。