仙台の貸会議室を増強、ティーケーピー、収容人数2割増。

2011-07-13 日本経済新聞に当社記事が掲載されました。
貸会議室最大手のティーケーピー(東京・中央)は仙台市内の貸会議室を増強する。拠点を従来の3カ所から4カ所に増やし、収容可能人員は2割増とする。東日本大震災からの復興関連で仙台のオフィス需要が高まっているのに対応する。

 新拠点は「TKP仙台西口ビジネスセンター」。8月1日に開設し、全5室、213人の収容が可能。従来の3拠点と合わせた収容人員は全18室、1283人となる。同社は仙台のオフィス需要が今後も高水準を維持するとみており、追加の拠点増強も検討している。

 仙台のオフィスは供給不足感が強まっている。企業セミナーなどが活発になっているうえ、東北地方に工場や拠点を持つ企業が復旧・復興に向けて人員を送り込む事例も増え、打ち合わせスペースなどの不足が目立っている。