TV会議もレンタルで、貸会議室のTKP、まず東阪、3時間4万円強から。

2010-10-06 日経産業新聞に当社記事が掲載されました。
 貸会議室運営のティーケーピー(TKP、東京・中央、河野貴輝社長)は、15日から貸会議室にテレビ会議システムを導入する。テレビ会議は出張費削減の効果があり、企業の需要が高まっている。導入により、貸会議室の利便性を高めて顧客増につなげる。

 東京・大手町のカンファレンスセンターと、大阪・梅田のビジネスセンターの2カ所で始める。2011年5月期末までに札幌や博多など4カ所を加えるほか、今後は全国50カ所に広げていく。

 テレビ会議システムはNECの高画質・高音質のシステムを採用した。導入費用は同システムの販売を促進するNECが負担する。参加者との一体感を実現するため、貸会議室にコクヨ子会社が製造したテレビ会議専用の家具を設置した。

 価格は1回3時間(1室7人で会議室を利用、機器使用料、回線料を含む)で4万2000円から。3年後に1億円の売上高を目指す。