ティーケーピーが浜松駅ビルに貸会議室を開設 県内初進出、研修など利用見込む

2009-10-06 静岡新聞に当社記事が掲載されました。
 貸会議室事業大手の「ティーケーピー」(本社・東京都)は、浜松市中区のJR浜松駅ビルメイワンに、貸会議室「浜松カンファレンスステーション」を開設した。

 県内初進出で、同市や大都市圏の企業の研修拠点や試験会場としての利用を見込む。

 同ビルを運営する浜松ターミナル開発と賃貸契約し、同ビル4階の約280平方メートルのスペースを改装した。18~120人収容の4室を設け、利用料金は1時間当たり9千~2340円。食事のケータリングサービスもある。

 同社は首都圏を中心に、企業の空き施設などを活用して事業を展開。特に首都圏では、研修所を売却したり、高価なホテルでのセミナー開催を控えるなどの経費節減策を取る企業が多いという。