2020年4月10日(金)発刊の日本経済新聞に弊社についての記事が取り上げられました。

2020-04-10 TKP、100億円調達枠、三井住友銀から、資金の備え厚く。
 貸会議室大手のティーケーピー(TKP)は三井住友銀行から100億円が上限の資金調達枠を確保する。新型コロナウイルスの感染拡大で貸会議室などの需要が鈍るなか、資金繰りのリスクに備える。すでにみずほ銀行とも50億円の枠内で借り入れが可能なコミットメントライン契約を結んでおり、合計150億円の調達にめどをつける。
 10日に三井住友銀と特殊当座借り越し契約を結んで調達枠を確保する見通し。同契約はあらかじめ上限を決め、その範囲で借り入れをする仕組み。借り手が枠内で自由に借り入れできるコミットメントライン契約に似ているが、貸し出しの是非について銀行側に一定の裁量が認められている。


♦日本経済新聞 WEB
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57868250Z00C20A4DTA000/