TKP、台湾シェアオフィス買収。

2019-08-14
 貸会議室大手のティーケーピー(TKP)は台湾最大手のシェアオフィス企業の台湾リージャスを約30億円で買収したと発表した。台湾リージャスは「リージャス」ブランドを展開するIWG(スイス)の台湾法人で、台湾でシェアオフィス14拠点を展開する。TKPは4月にIWGの日本法人を買収し、シェアオフィス事業に参入していた。台湾でも同事業の拡大を見込んでおり、今後6年間をメドに36拠点に拡大する予定だ。