アパとTKP、大阪で162室のホテル

2019-06-05 2019年6月5日の日刊不動産経済通信に当社記事が掲載されました。
 アパグループは、JR大阪駅徒歩8分の場所に「アパホテル大阪梅田」(地上14階建て、162室)を開業した。隣接地で貸し会議室「TKPガーデンシティ大阪梅田」を運営するティーケーピーとフランチャイズ契約を交わし、ホテルと会議室を一体的に運営する。

 所在地は大阪市福島区福島5―4―25。JR大阪駅のほか、JR環状線・福島駅や大阪メトロ・西梅田駅、阪神本線・福島駅、JR東西線・新福島駅などを使える。施設1階にはティーケーピーが運営するレストランが入る。アパグループは大阪駅徒歩6分の北区曾根崎に地上31階建て、客室数1657室のタワーホテル「アパホテル&リゾート梅田駅タワー」を22年末に開業させることを計画。規模は地上33階建て。客室数は市内のリーガロイヤルホテル(1042室)を超え、西日本地域で最多となる。同社は大都市に軸足を置いた出店戦略を採っており、元谷外志雄代表は観光・宿泊需要が高まっている大阪圏を特に有望視している。梅田駅タワーを含め11棟の開発を計画中。一方、ティーケーピーは大阪府内で29施設・355室の会議室を運営している。