2019年3月15日の日刊不動産経済通信に弊社に関する記事が掲載されました。

2019-03-15 TKP、アパホテルとのFC事業を拡⼤ ―上野に10棟目、20年度に百億円事業へ
 ティーケーピー(TKP、東京・新宿区、河野貴輝社⻑)は、アパホテルとのフランチャイズ契約に基づき、ホテルと貸し会議室の機 能を持つ複合施設の出店を拡⼤している。14年に提携初弾の施設を北海道・札幌駅前に開業したのを⽪切りとして、建設中の4棟を含 め、全国で10棟・2010室を事業化した。10棟すべてが稼働する20年度に宿泊部門の売上⾼で100億円を目指す。100億円 の過半となる60億円をアパホテルとの提携施設で稼ぎ出す目標だ。ティーケーピー(TKP、東京・新宿区、河野貴輝社⻑)は、アパホテルとのフランチャイズ契約に基づき、ホテルと貸し会議室の機 能を持つ複合施設の出店を拡⼤している。14年に提携初弾の施設を北海道・札幌駅前に開業したのを⽪切りとして、建設中の4棟を含 め、全国で10棟・2010室を事業化した。10棟すべてが稼働する20年度に宿泊部門の売上⾼で100億円を目指す。100億円 の過半となる60億円をアパホテルとの提携施設で稼ぎ出す目標だ。

 TKPとアパホテルは14年8⽉にフランチャイズ契約を交わし、提携第1号の「アパホテル〈TKP札幌駅前〉」(203室)を開 業した。16年8⽉には札幌駅北⼝に2号店、同年10⽉には東京初出店の3号店を⽇暮⾥駅前で稼働。既存アパホテルの宴会場を TKPが運営するなどの新業態も採⽤しながら会議室利⽤客などの宿泊需要を取り込み、出店数を増やしてきた。

13⽇には全国で10棟目、東京都内で3棟目となる提携施設「アパホテル〈上野広⼩路〉」(215室)の起⼯式を開き、20年6 ⽉開業へ⼯事を始動させた。⽴地は東京メトロ銀座線の上野広⼩路・末広町両駅徒歩3分、JR御徒町駅徒歩5分。所在地は千代⽥区外 神⽥5―3。TKPが既存ビル2棟を約43億円で取得し、跡地に地上13階建ての宿泊・会議施設を建設する。運営もTKPが担い、 アパにフランチャイズ費を⽀払う。開業後の平均稼働率は95%、ADR(平均客室単価)は9500円を⾒込む。宿泊需要の 50〜60%は訪⽇外国⼈を想定。河野社⻑は「都内の⼭⼿線周辺でTKPの会議室を利⽤する約2万5000⼈のうち、3%は宿泊需 要を取り込める」としている。