仮眠にどうぞ TKP、本社ビル内に簡易ホテル

2018-11-07
貸会議室⼤⼿のティーケーピー(TKP)は7⽇、東京・市 ケ⾕の本社ビルに会議室併設型のコンパクトホテルを15⽇に開 業すると発表した。

⾃社や周辺企業で働く従業員に⾷事や仮眠 の場を提供するなど働き⽅改⾰に活⽤する。企業向けの宿泊研 修、訪⽇外国⼈やビジネスパーソンの宿泊需要も開拓し、施設 の稼働率を⾼める。

施設名は「ファーストキャビンTKP市ケ⾕」。かつては シャープが東京本社機能を置いていたビルで2013年からは TKPが本社として利⽤していた。主に倉庫として使っていた 不稼働スペース1767平⽅メートルを宿泊施設に転換した。⼀般 的なホテルよりも開業しやすい「簡易宿所」として運営する。 部屋数は165室で、最も多い「プレミアムエコノミー」の場 合、1泊4500円程度から提供する。館内には⼤浴場やWi―Fiなどを⽤意したロビーラウンジ を備え、働く場所としても利⽤できる。

TKPの河野貴輝社⻑は「従業員が⽇中に仮眠を取ったり、お風呂に⼊ったりできるようにし、 働く時間を多様化したい」と話す。フロントで⼊退室時刻を記録でき、中抜け時間の管理に活⽤で きる。まずは⾃社の従業員に実験し、今後は周辺企業にも利⽤を呼びかける考えだ。