2018年10月9日に住宅新報にてファーストキャビンについて掲載されました。

2018-10-09
ティーケーピーはこのほど、本社ビルの「TKP市ヶ谷ビル」(東京都新宿区)の本館・別館をコンバージョンし、会議室併設型コンパクトホテルとして11月15日に開業すると発表した。

名称は「ファーストキャビンTKP市ヶ谷」(延べ床面積1766平米)で、全165室のキャビンスタイルホテルとなる。TKP本社ビル内の貸し会議室施設は、全59室・5193席。会議利用と併せた出張時の宿泊需要を見込む。

客室は、床面積4・4平米の「ファーストクラス」のほか、同2・5平米の「ビジネスクラス」、より価格を抑えた2段式の「プレミアムエコノミークラス」の3タイプを用意した。建物内には、大浴場やワーキングスペースとして利用可能なロビーラウンジも備える。