2018年5月30日の日本経済新聞(四国)に、レクトーレ高松空港についての記事が掲載されました。

2018-05-30 ホテル宴会場、研修利用、宿泊とセット、TKP、まず高松で。
 貸会議室大手のティーケーピー(TKP)は地方や郊外のホテルの宴会場を活用した研修施設の運営に乗り出す。第1弾として高松市の「アパホテル高松空港」内の宴会場・レストランの運営を受託。宿泊と会議・研修を組み合わせたビジネス利用や展示会開催などの需要を取り込む。

 ホテル1階の宴会場(360人収容)を「TKPレクトーレ高松空港」として運営する。うどん打ち体験や工場見学を組み込んだり、新入社員向けにチームワーク力を養ったりする研修プランを提案。顧客企業などの利用を見込む。

 地方のホテルには宴会場を有効利用できず、宿泊に特化する施設も少なくない。貸会議室のノウハウを持つ同社と組むことで、宴会場や宿泊の稼働率を上げて収益性を高める効果が期待できる。同社は今後、連携するホテルを増やし、宿泊・交通付きや地域密着の各種プランをレクトーレブランドで展開していく。