2018年3月15日の日本経済新聞(神奈川)に、横浜に開業する貸会議室施設について記事が掲載されました。

2018-03-16 ティーケーピー、横浜に大型貸会議室、1000人超規模、2拠点。
 貸会議室大手のティーケーピーは今春、横浜市内に1000人超規模の貸会議室を2拠点開く。同地域は企業の集積が進んでおり、各拠点でそれぞれ会議や研修、懇親会、イベントなど幅広い用途での利用が見込めると判断した。

 4月9日にみなとみらい線・みなとみらい駅直結のオフィスビル「MMパークビル」の5階に貸会議室「TKP ガーデンシティ PREMIUM みなとみらい」を開業する。

 定員が30~273人の計11室を用意し、収容人数は計1632人。

 5月21日にはJR線・横浜駅西口から徒歩6分ほどの場所にある「横浜MKビル」を一棟全て貸会議室「TKP ガーデンシティ PREMIUM 横浜西口」として開く。

 定員が12~228人の計23室で、計1755人収容できる。元大手予備校だったビルを賃貸して運営する。

 いずれも有料オプションとして、弁当やケータリングなどの食事や、レンタル備品、音響・照明機器操作などのサービスも提供する。
 利用者の要望に応じてその他の追加サービスの提供も検討するという。