TKP、九州初となるホテルを博多、天神に2棟建設  2019年11月竣工・開業予定

2017-12-28 株式会社ティーケーピーは、福岡市内に2棟のホテル建設計画を始動します。
 株式会社ティーケーピー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:河野貴輝、資本金:2億8,779万5,000円、以下TKP)は、福岡市内に2棟のホテル建設計画を始動します。
建設予定地は、福岡空港・博多駅からアクセス抜群な博多エリアと天神エリアの2箇所で、あわせて360室の客室を有する予定です。TKPがホテル業で九州に進出するのは初めてとなります。
このたびの計画により、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、九州の全国ホテルネットワークの展開となります。

 九州エリアは訪日外国人の増加や大型イベントの開催等でホテルの需給が逼迫することが多く、TKPの会議室利用顧客の出張等の需要に応えるためにも、TKPによるホテルの出店を強く希望しておりました。このたび福岡空港・博多駅からのアクセス抜群な「東比恵駅」に直結する場所と、天神エリアの大名にホテル建設用地を取得し、会議と宿泊を融合したハイブリッドホテルとして福岡市内のTKPの会議室11拠点、会議室数94室、座席数5,737席と連携させ、ビジネスや観光など幅広い需要に応えてまいります。2018年7月着工予定、2019年11月の竣工・開業を目指します。

【建設計画地概要】
ホテル名称 未定① 未定②
所在地 福岡県福岡市博多区東比恵二丁目 福岡県福岡市中央区大名一丁目
最寄駅 地下鉄空港線「東比恵駅」直結 地下鉄空港線「赤坂駅」徒歩5分 「天神駅」徒歩10分
敷地面積 672.10㎡(203.31坪) 853.05㎡(258.04坪)
延床面積 約2,600㎡(約800坪)予定 約3,400㎡(約1,030坪)予定
客室数(予定) 160室(予定) 200室(予定)
着工予定 2018年7月 2018年7月
開業予定 2019年11月 2019年11月


【今後の展開】
 TKPは全国に1,831室、134,762席のホテル宴会場・貸会議室を運営しています。
 初の九州エリアへのホテル建設により、福岡市内のTKP会議室11拠点、会議室数94室、座席数5,737席と連携させ、付加価値を高め、主にMICE需要・ビジネス用途を見込みます。
 TKPは、空間再生流通企業として、今後も会議と宿泊を融合したハイブリッドなホテルの開発を進め、ビジネス・観光の利用において宿泊者にとって便利な空間を提供してまいります。


※プレスリリースに記載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。