TKP、取締役人事異動に関するお知らせ TKPの取締役COOに日本リージャス代表の西岡 真吾が就任 ~テレワーク、リモートワーク社会を見据えた経営体制の強化~

2020-03-06
 株式会社ティーケーピー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:河野貴輝、以下TKP)は、昨今のフレキシブルオフィス市場の拡大を見据えた経営体制の強化のため、本日付で下記の通り役員人事の異動を行ったことをお知らせいたします。
 当社の営業戦略・不動産仕入戦略の強化を企図し、取締役COOには、日本リージャスホールディングス株式会社(以下、リージャス)代表取締役であり当社取締役である西岡真吾が就任いたしました。併せて、財務戦略および管理体制強化のためCFO(最高財務責任者)を新設し、取締役COOであった中村幸司が就任することとなりました。
 営業戦略・財務戦略の両軸強化により、更なる企業価値向上に取り組んで参ります。


<取締役人事異動 (2020年3月6日付)>

氏 名 新役職名 旧役職名
西岡 真吾(にしおか しんご) 取締役COO 取締役
中村 幸司(なかむら こうじ) 取締役CFO 取締役COO


<西岡 真吾 略歴>
 1992年三井建設株式会社(現三井住友建設株式会社)入社。1998年日本リージャス株式会社入社、アジア地区開発・管理部門統括を経て、Regus Group Limited日本統括責任者、日本リージャスホールディングス株式会社 代表取締役に就任。2019年5月当社取締役就任、2020年3月当社取締役COO就任。


<中村 幸司 略歴>
 1999年監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入所、2003年公認会計士登録、2006年12月当社取締役管理部長就任、2012年10月取締役経営企画室長に就任、2013年9月取締役COOに就任、2020年3月当社取締役CFO就任。


<人事異動の背景について>
 TKPは2005年の創業以来、空間シェアリングビジネスの先駆けとして、顧客の潜在的なスペース利用需要を見出すことで新たな市場を創出してまいりました。
 近年推奨されている「働き方改革」や、2020年夏の東京オリンピック・パラリンピック開催、新型コロナウィルス感染拡大の影響などの様々な要因により、シェアオフィス・コワーキングスペースのニーズが高まり、リージャスの売上高は、前年度を大きく上回る大変好調なものとなっています。
 リージャスの事業拡大経験を持つ西岡真吾が取締役COOへ就任することにより、TKPとリージャスの不動産仕入れや営業、オペレーションを統一し効率化を図るとともに、両社の関係をより強固なものにしていきます。
 公認会計士の資格を有する中村幸司が取締役CFOへ就任することにより、財務戦略の強化ならびにグループ全体の管理体制の強化を図ります。
 営業戦略・財務戦略の両軸強化により、TKPグループは更なる事業成長を推進してまいります。


<今後の展開>
 TKPグループは現在国内外にて412施設、11,584室、187,738席の貸会議室、シェアオフィス・レンタルオフィス・コワーキングスペースを展開しています。時間貸しから短中期のレンタルオフィス、サブスクリプション契約まで細分化されたビジネス需要に対して高い利便性と最適化されたサービスを実現いたします。
 今後もTKPグループは、時間貸しから短中期のレンタルオフィス、サブスクリプション契約まで細分化されたビジネス需要に対して高い利便性と最適化されたサービスを実現し、「いつでも、どこでも、すべての働く人たちに。」をキーワードに日本のフレキシブルオフィス市場の拡大を目指します。