建設新聞に「アパホテル〈TKP仙台駅北〉」の記事が掲載されました。

2017-06-09 アパホテル・TKP仙台駅北が起工 アパマンションの設計・施工で着工 施工協力は熊谷組JV S13F延べ7149.85㎡・仙台市宮城野区名掛丁地内
 TKPの関連会社となるTKPSPV-1(東京都新宿区市谷八幡町8 金光達成代表取締役社長)は、仙台市宮城野区名掛丁に「アパホテル〈TKP仙台駅北〉」の新築を計画しており、アパマンションの設計・施工で着工した。施工協力は熊谷組・亀谷建設JVが担当する。

 建設用地は、JR仙台駅北側の徒歩圏に位置する仙台市宮城野区名掛丁15の2地内の敷地1290.58㎡。計画では、ここにS13F延べ7149.85㎡の施設を建設する。客室数は305室で、1階に朝食会場にもなるレストランと厨房、2階が「TKPガーデンシティ」となり300人収容可能で天井高5mの開放的な宴会場と約50人の収容が可能な中宴会場を2室が配置。3~13階までがホテルで、内訳はシングル282室、ツイン22室、デラックスツイン1室となる。完成は2018年10月をめざすとしている。