TKP、“肉の老舗”『柿安本店』監修のオリジナル弁当を発売! ~東京・横浜のTKP貸会議室利用者向けに展開 2017年5月1日から~

2017-05-01 0から1を創り出す空間再生流通企業の株式会社ティーケーピーは、明治4年牛鍋店として創業以来145年の歴史を誇る肉の老舗、株式会社柿安本店(本社:三重県桑名市、代表取締役社長:赤塚保正、以下:柿安)と業務提携契約を締結し、「柿安本店」監修のオリジナル弁当を、2017年5月1日から東京・横浜のTKP貸会議室ご利用者に向けて販売いたします。新メニューは2種類、販売計画は年間6万食です。
 0から1を創り出す空間再生流通企業の株式会社ティーケーピー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:河野貴輝、以下TKP)は、明治4年牛鍋店として創業以来145年の歴史を誇る肉の老舗、株式会社柿安本店(本社:三重県桑名市、代表取締役社長:赤塚保正、以下:柿安)と業務提携契約を締結し、「柿安本店」監修のオリジナル弁当を、2017年5月1日から東京・横浜のTKP貸会議室ご利用者に向けて販売いたします。新メニューは2種類、販売計画は年間6万食です。

■『柿安本店監修オリジナル弁当』について
 TKPはこのたび “肉の老舗”として明治4年に牛鍋店(現在のすき焼)を創業以来145年の歴史とともにすき焼きの味を追求してきた柿安と、弁当の開発、製造および販売に関する業務提携契約を結び、2種のオリジナル弁当を発売いたします。
柿安の秘伝のタレを使った「料亭 柿安」で提供する”すき焼懐石”、またデパ地下惣菜「柿安ダイニング」で販売する“黒毛和牛 牛めし”は年間150万食を売り上げる看板商品となっています。
2種のオリジナル弁当はその秘伝のタレのレシピ提供を受け、肉の炊き方や盛り付けについても柿安監修のもと製造したお弁当となります。
メニューは牛すき二段重1,500円(税込1,620円)と、特製幕の内1,200円(税込1,296円)の2種です。

■今後の展開
 TKPは、本商品をTKP会議室利用者に向けたケータリング弁当のラインナップに加えることで、ビジネスシーンにおける活力としてニーズの高い肉料理弁当を強化いたします。
空間再生流通企業として、施設だけでなく会議・研修シーンに欠かせないお弁当やケータリングの分野においても満足度の高い商品やサービスを提供してまいります。

 TKPは今後も遊休不動産・土地を活用して空間を再生し、そこに付加価値を加えた快適な「場」「空間」「時間」を創出する空間再生流通事業において、事業領域の拡大を目指します。


【メニュー概要】
 <牛すき二段重>・・・柿安秘伝のたれで炊き上げた牛すきを存分に堪能できる二段重
 <特製幕の内>・・・・・ごはんがすすむ牛すきと、ほっこり煮物が入った特製幕の内弁当
 
【株式会社柿安本店 会社概要】
 代表者:代表取締役社長 赤塚 保正
 本社所在地:三重県桑名市吉之丸8番地
(東京本部)東京都品川区西五反田8-1-14 (最勝ビル)
 創業:明治4年4年(1871年)11月8日
 設立:昭和43年(1968年)11月19日
 資本金:12億6,900万円
 決算期・売上高:2月 435億円(2017年2月期連結)
 従業員数:3,408名(パート・アルバイト含む 2016年2月29日現在)
 事業内容:精肉事業:精肉類の製造小売事業
 惣菜事業:惣菜、弁当類等の製造小売業
 和菓子事業:和菓子類等の製造小売事業
 レストラン事業:レストラン店舗の運営
 食品事業しぐれ煮の製造・卸及び小売業
 URL:http://www.kakiyasuhonten.co.jp