TKP、子会社の「TKPメディカリンク」4月に新サービス開始、クラウド型医学系学会の管理システムで医学会業務全般を支援

2017-02-17 株式会社ティーケーピーは、子会社の株式会社「TKPメディカリンク」(代表取締役 石坂真由美、資本金:4千万円、以下TKPメディカリンク)が4月から始める医学系学会のクラウド型管理システムサービスについて、お知らせいたします。
 株式会社ティーケーピー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:河野貴輝、資本金:2億8,779万5千円、以下TKP)は、子会社の株式会社「TKPメディカリンク」(代表取締役 石坂真由美、資本金:4千万円、以下TKPメディカリンク)が4月から始める医学系学会のクラウド型管理システムサービスについて、お知らせいたします。

■「TKPメディカリンク」について
会社名:株式会社TKPメディカリンク
代表者:代表取締役 石坂 真由美
住所 :東京都新宿区市谷八幡町8番地
事業内容:
  1.医療・福祉に関するシステム開発・運用
  2.医療・福祉に関する研究及びコンサルタント業務
  3.学術学会の企画及び運営に関する業務
  4.各種イベントの設営及び運営業務
  5.各種イベント企画及び広告業
資本金:40百万円
決算期:2月
設立 :2016年7月

■4月からの新サービス「メディカルアグリゲート」概要について
 新サービスのメディカルアグリゲートは医師・看護師・医療従事者向けのクラウド型の登録学会管理システムで、情報を集約することにより、医師、学会事務局、医療機関・施設それぞれの事務作業などの業務軽減を図り、今後のより良い医療提供と将来的な医療・医薬の技術向上につながるサービスを目指します。

■今後の展開
 TKPメディカリンクは、医学系学会や学術集会運営の他、各種イベントに携わった運営ノウハウやリソースを活かし各種学会事務局の会員管理業務はもちろん、学会事務局運営代行や学術集会の運営業務とも連携させたソリューション開発を進めています。 あわせて、学会や医療施設の会議・委員会・イベントの開催について、TKPの会議室予約と連動させた仕組みを作ることで、医師・医療従事者の会議運営をより手軽なものできるようサポートしてまいります。

 TKPは今後も「空間再生流通企業」として無から有を生み、イノベーションを通して空間を「楽しく」「喜ばれる」ようプロデュースし、社会に貢献してまいります。